【デートの会話に困ったら】モテる人の会話術 7つのポイント

【デートの会話に困ったら】モテる人の会話術 7つのポイント
【スポンサーリンク】

せっかく異性とのデートの約束を取り付けた!でもどんな会話をしたらいいかわからない!

そんな方のために、あのメンタリストDaiGoさんのYoutubeLiveで公開された「モテる人の会話」についてまとめました。

 

ポイント1:相手のことについて質問しなさい

あるお見合いパーティーを観察する研究で、相手のことについての質問が多い場合に、次のデートの約束ができる確率が50%UPすることがわかったそうです。これは、相手のことに対して興味を持っていることを伝える効果と、相手に自分のことを話させることで相手の快感を誘う効果があるそうです。

そもそも恋愛とは「相手と接触する度に親密度が深まっていく」そうなので、これによって50%UPという数字はとても重要だということです。

 

ポイント2:自分のアピールはするな

自分のアピールはするくせに相手のことを質問しない場合、次のデートの約束ができる確率が下がることも、上記の研究でわかったそうです。

これは特に男性は気を付けなければなりません。よく、自分はお金持ちだとか、こんなステータスを持ってるだとか自慢しがちですよね?相手はそんなことは聞きたいとは思っていないのです。もしそんな自慢話を興味深そうに聞いてくれていても、それはあなたに悪い思いをさせないように合わせてくれているだけかもしれません。

 

ポイント3:15分間で9回以上質問しろ

これはかなり早いペースで質問していないと達成できないのですが、ダラダラと時間をかけるよりも、短いい時間の中で多く質問することで、「会話が盛り上がった」という印象を与えられるということです。

 

ポイント4:リアクションを取りながら質問を続けろ

かなり早いペースで質問することが必要と書きましたが、質問しては相手が答え、質問しては相手が答えということを繰り返していては、まるで事情聴取のようになってしまい、「会話が盛り上がった」という印象にはならないし、何よりせっかく話した内容にリアクションしなかったら、興味がなかったのかなと思われてしまいます。

【スポンサーリンク】

 

ポイント5:フォローアップクエスチョンをしろ

例えば、

自分「趣味はありますか?」

相手「小説を読むことです」

自分「そうなんですね!自分もたまに読むんですよー、どんな小説を読むんですか?」

というように、自分も相手の話に同調する表現を挟んだ上で、さらにそれに関連した質問をすることが大事とのことです。こうすれば質問を続けることもできますし、相手の話に興味を持っていることも伝えられます。

 

ポイント6:徐々に深い会話に入れ

あたりさわりのない会話だけで終わってしまっては、お互いの性格などを理解するに至りませんし、印象も薄くなります。そこで、なるべく深い会話に入ることが必要なのですが、いきなり深い会話に入ろうとすると相手も話しにくいですし、警戒もされます。ですので、「徐々に」深い会話に入っていくことが重要です。

 

ポイント7:お互いにしゃべりなさい

質問を多くしなさいと書きましたが、相手にばかりしゃべらせるのはいけません。相手に自分のことを理解してもらえませんし、自分のことをオープンに話さないと、相手もオープンにはなってくれません。フォローアップクエスチョンの中で、自分のことをサラっとオープンに話してしまったほうが、相手も気軽に話しやすくなります。これを続けることで、質問を続けられるし、お互いのことも理解が進み、会話も盛り上がります。ただしここでも注意しなければいけないのが、自分の話といっても自慢話は厳禁です。

 

以上、大事なポイントをまとめましたが、メンタリストDaiGoさんの話はとても興味深いので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

外見褒めはNG!モテる人の会話とは 〜ハーバード、NY州立大の最新研究から解き明かすモテる人の会話の秘密

【スポンサーリンク】

恋愛心理学カテゴリの最新記事