【会いに行けちゃうアイドル】NGT48山口真帆さん暴行事件に対する運営の対応が酷い

【会いに行けちゃうアイドル】NGT48山口真帆さん暴行事件に対する運営の対応が酷い
【スポンサーリンク】

2019/1/9 アイドルグループNGT48山口真帆さんが自宅にファンの男性が押しかけ暴行されていたことをtwitterで告白しました。

 

 

この事件に関するNGT運営のコメントがこちら

https://ngt48.com/news/detail/100003058

昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました。新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。

そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。

また、メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。

今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為であり、今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です。

 

この件、メンバーが事件に関わっていたことは事実と認めました。

そして約1カ月間、公表しませんでした。

挙句の果てに、「防犯ベル配布したからOK!」という対応。信じられません。

山口真帆本人も「1か月つらくても黙ってた」と投稿していることからも、この件の闇の深さがうかがえます。結局、NGTを始めとしたアイドルグループの運営って、アイドルを商品としてしか扱ってないということです。そして、アイドルの敵はグループのメンバーだということも証明しています。

ほんと、アイドルって闇だらけですね。

【スポンサーリンク】

雑記カテゴリの最新記事