【デート向け映画レビュー】検察側の罪人

【デート向け映画レビュー】検察側の罪人
【スポンサーリンク】

『検察側の罪人』をデートで失敗しない映画選びの6つのポイントに沿って評価します!

デート向け度数:
63%重さよりも分かりにくさに注意!

 

映画情報

公開日:2018/8/24

上映時間:123分

監督・脚本:原田眞人

製作:市川南

出演
木村拓哉
二宮和也
吉高由里子
平岳大
大倉孝二

 

映画概要

「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名小説の映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督により、とある殺人事件を巡り対立する二人の検事を描く。

【スポンサーリンク】

レビュー

「殺人」「レイプ」「時効」「冤罪」といった重いテーマが選ばれていますが、「何が正義か?」というメッセージ性がそれほど強くなくて、エリート検事の最上毅を演じる木村拓哉が多いっきり道を外れていくエンターテインメント性のほうが強いので、デート映画として重すぎるというわけではないです。良いところとしては、こういった社会派映画はアクションシーンなどがあるわけではないのでダラダラしてしまうことがあるのですが、本作ではストーリーがどんどん展開していく演出になっているので、かなり緊迫感があります。めちゃくちゃ高級そうな料理が出てきたり、カッコイイ建物でのシーンが多いのも良ポイント。そしてこの作品の見どころは結局はキムタクの演技だと思います。「何の役をやってもキムタク自身になっちゃう」と言われることもありますが、本作はそれがいい方向に転がっていると個人的には感じました。声のトーンが低いキムタクは、キリッとしたいかにも検事らしいというしゃべり方ではないのですが、それが逆に、周りの役者の中にいても際立つ感じがして、主役としては好ましいんじゃないかと思います。また、「キムタク×検事」というと人気ドラマシリーズである「HERO」の久利生役が思い浮かびますが、今回はそれとは全く別のキャラクターになっています。久利生役に比べて今回の最上役は一見して地味なキャラクターですが、その分、犯人役に相対したときの感情の高まりが際立っているのが見て取れました。そしてもちろん、そのキムタクに劣らぬ演技を見せているのがもう一人の主役である駆け出しの検事・沖野役の二宮です。若さと正義感の中に激情も持ち合わせているキャラクターを見事に演じていると思います。残念なところは、ストーリーを詰め込みすぎている感じが否めないことです。単純に全てのセリフが超早口で理解が追いつかないし、最上(木村)と丹野(平岳)の関係と二人が目指していたものがかなり中途半端な描かれ方をしていて、それが最上の心情にどういう影響を与えていたのかがいまいち読み取れず、終わった後に「どういうことだったんだろう?」というモヤモヤした気持ちが残ってしまう印象でした。

会話のタネ候補

本作をデートで観たのであれば、ストーリーの内容や「正義って何?」みたいな話題にしてしまうと、意見が分かれてしまうことが多いでしょう。そこで、キムタクとニノの演技についての話題に繋げるほうがオススメです。そんな方に知っておいていただきたいのが、最上(木村)と沖野(二宮)が犯人の衝撃の自供を聞くシーンのことです。ここでは、もともとの設定では最上は最後まで取り調べを聞いているはずだったのですが、役に入り込んだキムタクはあまりに犯人に対する怒りがこみ上げてしまい、席を立ってしまいます。これが作品でもそのまま使用されています。キムタク自身、ここで席を立ってもその後の展開に支障がないことを理解してやったとのことですが、もちろんそんなことを聞かされていない事務官役が「どこへ行くんですか?」と言っていますが、これはリアルな反応だったようです。

他にも本作ではキムタクとニノの熱演シーンはいくつもあり、それらに注目したほうが楽しめると思います。

 

その他の映画の評価は?

⇒最新映画一覧へ

 

 

【スポンサーリンク】

映画カテゴリの最新記事