【鉱山都市】「初動じゃんけん完全解説」と「解説が全く追いつかない機動戦」

こんばんわ、だいずです。

 

鉱山都市の戦いの解説動画を作りました!

https://youtu.be/6ySoMyD0JyU

 

今回の戦いでは、戦略によって凸は少し刺さってるけど、それだけでは勝てなかったでしょう。かなりネズミさんに稼いでもらっているし、敵の凸の察知も遅れていたのに核は全部止めてくれて被害を最小限に抑えてくれてもいます。

また、このマップでは南北通路の目視張り付きが防衛戦略上とても重要なんですが、とにかくこれが難しくてポイントまずい。これをやってくれた方にも感謝しなければなりません。

 

この南北目視は、例えば3人で張り付いていれば、敵はそれを潰しに5人出してきます。つまり、ほとんど不利な条件で戦い続けなければならないのでかなりきつい。というか同じ人がずっと張り付くというのは限界がある。それでもがんばって張り付いていれば敵凸の察知が早くなるし、そもそも敵は凸に行きずらくなる。そのためにがんばって目視してもらうんだけど、その分、KDも少し食われます。なので、中央ラインを上げてKDでゲージを稼ごうと思っても、この南北目視でKDを少し削られることを含めると、そこまでゲージを引き離せないことが多いです。そういった面でも、このマップでKDだけで勝とうとしても勝ちきれない、またはリスクが伴います。

例え敵に指揮がいなそうでも、試合中盤以降に急に代理で入って指揮を執り始めることもあるので、油断してはいけないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です